クレジット決済システムを導入比較!6社以上に一括見積もり

クレジット決済システムを導入比較!6社以上に一括見積もり

クレジット決済代行を導入するメリット

クレジット決済を導入することであなたのビジネスは加速します。導入してから事業を拡大するメリットをここにまとめさせて頂きます。

 

メリット1:クレジット決済でスピード申込

 

クレジット決済システムを導入することで、申込から集金までのプロセスを簡素化することができます。今まで申込後、銀行振込でしか取り切れていなかった顧客を一気に囲い込むことが可能となります。

 

 

メリット2:入金チェックの手間が省け人件費削減

 

お申込があってから銀行振込に入金があったかどうかをチェックする作業は非効率的だと思いませんか?
また振込をしたにもかかわらず、入金確認ずみの連絡をし忘れたり、入金確認の問い合わせ電話やメールをやり取りするのは不毛な時間です。
このような手間をなくすることで人件費も作業時間も短縮することができます。

 

 

メリット3:自動販売機のように事業を自動化することが可能

 

ビジネスの基本は集客、セールス、クロージング、フォローの4つの構成で流れています。現在はさまざまなツールが発展していることで、全て自動化することが可能です。
お金をかけてより効率的に事業を拡大したい人から、小予算でスタートアップ時に導入したい人も必見です。
お金周りというミスが許されない業務だからこそ自動化したいですね。

なぜクレジット決済システムを導入したほうがいいのか?

インターネットで商品を買物をする時に、銀行振込とクレジット決済がメインとなりました。その他ビットコインやプリペイドカードなど。
現在銀行振込だけしか行っていないのなら相当の機会損失をしております。

 

なぜならば、クレジットカードで支払うことで一枚の明細書で管理できるため可能な限り現金よりクレジットカードで支払いたいからです。

 

支払う側の立場になってみてください。お金を管理するのであれば現金より数字しか動かないクレジット決済のほうが断然お得です。

 

もう一つの理由は、クレジットカードで支払ったほうがポイントが貯まるからです。クレジット会社で発行しているポイントやマイルが貯まるため可能な限りクレジット決済をしたいというのが本音です。

どうやってクレジット決済を選べばいいの?

クレジット決済会社は現在さまざまな会社がありますが、どこがあなたの会社にとってベストか知りたいと思いませんか?
現在、日本におけるクレジット決済会社は、GMOペイメント、ゼウス、アナザーレーン、テレコムクレジット、IPS、アルファーノート、GMOイプシロン、ルミーズなど。

 

クレジット決済会社によって手数料もことなりますし、決済の種類がことなります。

 

単純に手数料が安いからいいというものではなく、あなたの事業に適した決済会社を選ぶことが何よりも大切です。

 

いいクレジット決済システムを導入すると後々安くなります。

 

しかし、1件ずつ見積を取るのは大変ですよね。おまかせください。私たちに一度お申込をして頂ければ、各社へ一斉に見積依頼をかけます。
そこで各社が提示してくれた条件を元にあなたがベストと思う会社と契約してください。

 

通常では得られないプレミアム条件での契約が可能です。

一括見積もりの手順は?

まずは一括見積のサイトにアクセスしてください。サイト名はクレジット決済一括見積査定サイト(http://www.isni2012.org/)です。

 

1,クレジット決済システム一括見積査定サイトにアクセスする
2,「かんたんWEB審査をはじめる」をクリックする
3,フォームに会社名、名前など必要事項を入力する
4,メールを確認する

 

以上です。

 

たったこれだけです。そうすることであなたに各社からメールまたは電話で取引条件の見積もりが入りますので、あなたはその会社と契約をするだけ。

 

とても簡単ですね。

よくあるご質問

手数料が安くなりますか?

はい、手数料は安く契約ができます。
通常直接問い合わせて契約するよりも、弊社12年の取引実績がある会社からの紹介となると、通常では取引ができない有利な手数料で取引が可能です。
例え0.1%であったとしても、手数料が安いほうがいいと思いませんか?
あなたの会社の利益率が変わります。

 

 

他社でクレジット決済の審査を断られました。

はい、おまかせください。通常審査に通らなかった案件であっても私たちであればクレジット決済の導入が可能です。国内系クレジット決済会社のほか、海外決済でも可能のため通常審査が通らないような業種であっても取引が可能です。一度一括査定でお申込ください。

 

継続課金システムを導入したいのですが可能ですか?

はい、可能です。毎月課金するような事業を行われている場合でも継続課金は可能です。例えば、塾の会費、ネット情報の定期購読、顧問料など。毎月課金するシステムをクレジット決済で定期課金したり、口座から自動的に引かれるようなシステムを導入することが可能です。

今すぐ一括見積もりをお試しください

今すぐ下記のボタンよりお申込ください。
完全無料で利用できます。

 

詳細はこちら

追伸:
今お申込を頂きますと、クレジット決済比較に関するメールサポートを無料で行います。あなたがどの決済会社と契約したらいいかを、私たちが中立な立場でジャッジします。
また失敗しないためのクレジット決済システム導入の8つのポイントをステップバイステップで情報配信いたします。